夙川にある日英翻訳サービス

日英翻訳・英語レッスン、通訳。PC再生品も販売。

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

えっ?生物と無生物のあいだ って?!

久しぶりに おもしろい と読み始めから思ったこの本。

 TVなどで前々から気になっていた 福岡伸一という生物学の大学教授著。

遺伝子の本体であるDNAがA C G Tというわずか 4種類で構成されている。

わずか4種類で 20種類の文字構成のたんぱく質に対応するのに、

2つではなく3つで対応すれば、4x4x4=64もの順列組み合わせ

となるので対応が可能となる。自然界はだからこの対応をしていること。

 菌に対してウィルスが限りなく、物質(無生物)に近い存在であり

無呼吸、栄養不摂取、代謝もしないが、生命体である証拠に、自己増殖を

するという。

 第2章 アンサング・ヒーロー(縁の下の力持ち、本来評価されるべき

     存在)

 第3章 フォー・レター・ワード(通常は、公に使ってはならないと

     される言葉を指すが、ここでは、遺伝子を指す)

 第4章 シャルガフのパズル

 などなど、理系ではない私でも、次々に展開する話に、心踊らされてしまう。