夙川にある日英翻訳サービス

日英翻訳・英語レッスン、通訳。PC再生品も販売。

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

お久ぶりね 宝塚

 

f:id:OfficePeanuts:20170804161549j:plain

行ってまいりました、宝塚歌劇「オーム・シャンティ・オーム」の観劇。

感激。アンシンジラブルなS席 8800円!

縁あって、尊敬するアジア映画社様の、故・朴社長&現・曺社長さん

とインドの大手映画社さんの、宝塚歌劇、日本初となる当作品の

契約成約のお手伝いという栄誉にあずかったのでした。

 そして、そのご褒美としてのご招待となった次第。

 会場は満員御礼。99%が女性。

 幕が開くと、ぱあっと美男美女が。

何故か、全員が、すこし縮んで見えた。

2幕もので、輪廻転生がテーマ。

主演の星組リーダーの紅(くれない)さんが長身長足で

声も低音から高音をこなしながらの熱演。

なんでも紅さん自身がリーダーに上り詰めるまで

かなり苦闘されたらしく、まさにそれとダブルような

ストーリーと演技だった。

 途中、この契約成立という大仕事を果たした

今は亡き朴社長の満面の笑顔が目に浮かび

涙しながらの観劇となりました。

f:id:OfficePeanuts:20170804161526j:plain

これは、終演後のマサラタイムという

演者と観客が一体となって汗をかくひと時用

に配られた光ものに同梱されていたグッズ。

出演者の1人のメッセージとサインまで

入っていた。

 上演開始時のアナウンスまでリーダーの

紅さんがやるなど、サービス満点の時間だった。

 東京に続いて大阪でも好評が続くと

もしかしたら、宝塚大劇場での上演の可能性も

あると聞いている。

 いずれにせよ、朴さん、曺さん、ありがとう!!