夙川にある日英翻訳サービス

日英翻訳・英語レッスン、通訳。PC再生品も販売。

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

with all due respectなんて

f:id:OfficePeanuts:20170104145212j:plain

シリーズ7で遂に終了した法律事務所の話

The Good Wife

このTVドラマの法廷場面で、盛んに使われていた

気になるフレーズの一つが

  With all due respect

だ。(不賛成・批判を示して)失礼ながら、お言葉を返して申し訳ありませんが

という意味に使える

って、勉強になった。

  due は もともと、支払い期限の来た、とか、満期の、当然支払われるべき

という形容詞。

 due date は 支払い期日、提出期限、締め切り 

 pay my due  会費・使用料・税金を払う、経験を積む・やるべきことを果たす

 due respect  しかるべき敬意

 due to~ ~の原因、理由で  in due course  時期が来れば、やがて

 due process of law  適正な法の手続き

 このドラマでは、この他に沢山の専門用語が使われている。

 普段使われている意味ではない意味を表すことも少なくない。

 例えば、sustain  は 維持する、持続させる という意味が、

 裁判長が "Sustained."というと、(を)(法的に)認める

 という意味となる。原告や被告の検事や弁護士が、相手の

 発言に対して異議あり ”Objection." というのに対して、そう言う

 と、異議が有効となり、相手は、そのままその発言を続ける

 ことができなくなる。

 その反対で、"Overruled." と言うと、異議を「却下する」。

 つまり、相手はそのまま、その発言を続けることが出来る。

 ちなみに、裁判長は chief justice

   で、このドラマに出てくる彼らも、癖があり、様々な人間性丸出し

 の態を見せるのも面白い。日本のTVに出てくる裁判官が一様に

 無表情のロボットに見えるのに比べると。