翻訳家Spenserの語る英語や人やものとの出会いがしらの

                                       日常の人やものとの遭遇を綴る。英語・PC・リサイクルショップめぐりが生きがい!

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

そうかそういう考えもありかと

つばめ学習会でのことだった。

このところ、某市の市長への元サポーターたちと、元同会派の方々が、

市長の変節?に対する追求を挙行している。

元?サポーター?に一人である自分的にも、思うところがあり、

現役大学生講師のK君に、このことを話した。

すると、

彼からは思いがけないコメントが出た。

 市長は賢い人だから、もしかしたら、実は、深いところで、自分の

公約で今追求されている件も、ひそかに実施計画を持っているのかも

しれない。それを、短絡的に、あげつらって批判の矢を向ける、ってのは

ちょっと、え?なんじゃないかな、と。

 秘策を今、表に出すと、おじゃんになったりするから、敢えて、言わない

ままで耐えているのかもしれませんよ、とも。

 うーん、このあたり、私にはわからないが、もう少し、長い目で見ていて

あげる、というのもいいかもしれない。愛していた存在が、憎けりゃ、袈裟まで

ってのは世の常。

 同じサポーターたちの大多数の意見の中で、敢えて、反旗を翻すと、またまた、

僕は、非難ごうごうの嵐の中で、そんなことを言う奴は、と血祭にあげられる

かもしれない。