読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳家Spenserの語る英語や人やものとの出会いがしらの

                                       日常の人やものとの遭遇を綴る。英語・PC・リサイクルショップめぐりが生きがい!

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

訳本が届いた

f:id:OfficePeanuts:20161207154627j:plain

サウンドオブミュージックの原作の訳本が届いた。

                    原本      訳本

オーストリア時代(ミュージカル映画化) 109ページ  281ページ

アメリカ時代              137ページ  455ページ

と、訳本は圧倒的に、アメリカ時代のが分厚い。写真やイラストなどが多い

せいでもある。

昨晩、オーストリア時代の方を一気に読んだ。

年表で知ったのが、

1949 自伝をマリア・フォン・トラップさんが、英語で出版

1956 ドイツ映画「菩提樹」(オーストリア時代)

1958 ドイツ映画「続菩提樹」(アメリカ時代)

     これら映画はDVDで今でも日本語字幕入りで買える。

1959 ミュージカルがブロードウェイで上演開始

1965 映画「サウンドオブミュージック」

とある。

 期待した通り、訳本には何枚かの、トラップファミリーの写真が

掲載されていた。

 マリアさんのアルト入りのCD "The Original TRAPP FAMILY SINGERS"

BGM 1938-1941録音 も出ていることも知った。

 今、写真の原本、1977年7月23日、アタック中のGF(今の妻)

の実家に向かう途中で読了した本の裏表紙がちぎれている、のに、気が付いた。

何か僕に告げているようだった。