読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳家Spenserの語る英語や人やものとの出会いがしらの

                                       日常の人やものとの遭遇を綴る。英語・PC・リサイクルショップめぐりが生きがい!

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

あはれ 深くしみじみとしたおもいの

f:id:OfficePeanuts:20161205175354j:plain

半世紀ぶりだった、

それは。

懐かしき全寮制の高校時代の。

後輩たちと僕の人生が本日、また交わったのだった。

東京時代に僕の紹介でつながった会社に縁あって20年余も勤務した、

と突然、FBからのメッセージが来た。

僕もいくばくかの喜ばれることをしたことがあったんだ、と。

あはれ、といふものを感じた。

最初は単なるバイトだったのが、正社員として採用されたのは、

きっと、ご本人が評価されるだけの働きをなさったからだ。

紹介した自分としては遅まきながら、嬉しい知らせだった。

 今頃知ったのだが、母校の精神的支柱であったY師のお嬢様だったのだ。

ああ、道理で、と納得した。彼女と同期の後輩二人にも報告がてら連絡した。

これでまた、1人、会ってみたい人物が東京に出現した。

 そして、写真の英文の主である。K嬢は持ち前の小鳥がさえずるような声で

この英文”Spring" を Spring has come.  Childhood, youth,....と。

僕も出場した英文暗唱大会で歌った。出典を知りたく今まで、本人を探し求めた。

 残念ながらその英文の掲載された本自体が行方不明だと判明した。もう原稿すら

ない、と言われ、早速ファックスした。できれば、今も変わらぬ声の持ち主に、

録音したCDが欲しい、とお願いしてしまった。

 奇しくも、今日という日に、二人の素晴らしき後輩と再会することができた。

 What a wonderful world!  生きていれば こんな素晴らしい日にまで出会える。