翻訳家Spenserの語る英語や人やものとの出会いがしらの

                                       日常の人やものとの遭遇を綴る。英語・PC・リサイクルショップめぐりが生きがい!

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

f:id:OfficePeanuts:20161130182808j:plain

サウンドオブミュージック(主人公マリアさんの自伝)。

アメリカに渡ってから、の話が、ミュージカルで世界を一世風靡した前半、

の話に負けないくらい、ドラマチックな展開を見せている。

 今日は、わが事務所に、週1で来る中学3年の子たちに、一部、拙訳を

渡してから、いかにドラマチックであるかを、少し紹介する予定だ。

(写真は、孫のために買った アドベントカレンダーです。)

From my favorite book;  Sound of Music by Maria A. Trapp     ©2016 e-Labo by Spenser

A New Chapter

One of the greatest things in human life is the ability to make plans.  Even if they never come true – the joy of anticipation is irrevocably yours.  (p. 179, “The Sound of Music” by Maria Augusta Trapp

人生で最も凄いこと

人生で最も凄いことの一つに、いくつかの計画を立てることができるってことがあります。たとえ、その一つも実現しなかったとしても- 実現できるかもしれないと思えるだけの喜びは、代えがたく、貴方のものなのですから。

Not “or” but “and”

  With altogether new interest we looked at the countryside as we crossed the Middle West; and the longer we looked, the less we liked it.  Miles and miles and miles of corn fields or wheat fields – always the same crop.  Later we came into the ranch country, and there were thousands of acres of pasture land; and when we were in California again, we passed through orchards with thousands of apple, or cherry, or orange trees.  But it was always “or”; never “and.”  Now we saw clearly the difference. 

「あるいは」ではなく、「そして」で

何マイルもの、コーン畑、あるいは、小麦畑が延々と続き、- いつも同じ作物だった。

(中略)それはいつも、「あるいは」であり;「それと」ではなかった。明らかな違いを見てしまっていた。

At home in Austria a farm was self-sustaining, independent unit.  You tried to grow a little bit of everything:  for the people and for the animals, and a little extra to sell in order to buy the few items you couldn’t grow, such as coffee, tobacco, and cotton material.

オーストリアの家庭は自活、独立しているユニットだった。あらゆるものを少しずつ育てるようにしていた。:そこにいる人たち、動物たちのために、少しの余剰品を売った、それは、買うためだった。自分たちで育てられない品物を。たとえば、コーヒー、タバコや木綿の生地などだった。

The wool of your own sheep was spun at home and woven or knitted.  The pigs supplied you with smoked meat for the whole year, and lard, besides.  For sweetness you had honey. 

飼っている羊たちのウールは家庭でつむがれ、織られ、あるいは編まれた。豚からは燻製肉が丸一年分得られ、ラードも同時に得られた。甘味にはハチミツがあった。

The flax of some beef cattle or a sheep or some geese, ducks, or chickens, to get variety in your menu.  In the orchard behind the house you had cherry, apple, and pear trees.  And in a protected corner, even some peaches and grapevines.  In the vegetable garden was a corner for strawberries, raspberries, blackberries, gooseberries, and currants.

(中略)家の裏にある果樹園では、さくらんぼ、リンゴ、ナシのなる木々があり、桃の木やぶどうのつるの木まであった。野菜畑には、ストロベリー、ラズベリーブラックベリー、グースベリーやスグリも育っていた。

From your own rye you baked that delicious black bread, and you always kept enough grain for next year’s seed. 

自前のライから美味しいブラックパンを焼き、十分な穀粒を来年の種として常にキープできた。

That way, each farmer on his homestead was an independent little king in his own realm.  And after we had weighed dairy farming against wheat raising, or sheep breeding, or fruit growing, we all settled contentedly on doing none of the “or’s.”  We wanted a little bit of everything as it was at home.

そのようにして、農家の農民はおのおのが自分の領域における独立した小さな王でいることができたのだ。酪農業と小麦栽培、羊の繁殖、果物の栽培とを比較検討した結果、どれか一つだけに特化するようなことはしないことにすることにしたのだ。故郷のやり方と同じように、あらゆるものを少しづつやることにしたのだ。

Each one of us chose right there and then a favourite department:  Martina, the pigs; Johanna, the sheep; Hedwig, the cow; Maria, the garden; Agatha, the bees; Georg, the machinery; Father Wasner, the orchard; and I, the horses.  (pp 181-182)

  私たちはひとりずつ、やりたい部門を選択することにした。マルチナは、豚を;ヨハンナは羊;ヘドウィグは牛;マリアは庭;アガサは蜂;ゲオルグは機械;ファーザー・ヴァスナーは果樹園;そして、私は馬の担当をすることにした。

 

(邦語訳 by Spenser, 翻訳事務所ピーナッツ)

 

英語のことなら 翻訳事務所ピーナッツ Spenserまで

http://officepeanuts.info

 料金:http://blog.officepeanuts.info/entry/2016/03/30/172030

email to niijuku@gmail.com