読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳家Spenserの語る英語や人やものとの出会いがしらの

                                       日常の人やものとの遭遇を綴る。英語・PC・リサイクルショップめぐりが生きがい!

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

おおっ 父の店が

『夙川通信- 走れ亀号』 Run, KameGo, Run.

f:id:OfficePeanuts:20161027154750j:plain

載っていた。

まちたび にしのみや2016 33ページ

屋号 ヤマヨ 新居商店

今は 甥っ子が四代目をやってくれている。

店の前で、父はよく 顧客と相撲をとっていた。

値段を負けるかどうかを賭けて。

昼になっても家に帰ってこない父を

呼びに行くのはいつも おとんぼ(末っ子)の僕だった。

父は店先で仲間と将棋の勝負をしているのだった。

そのとばっちりで、将棋などするもんは、と僕は

とうとうさせてもらえなかった。

15以上年上の兄は、長女の旦那の家に居座って

いまだに勝負している。(姉はまた来とると

角を出しっぱなし、、、)