夙川にある日英翻訳サービス

日英翻訳・英語レッスン、通訳。PC再生品も販売。

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

神風は吹かなかった?

『銀行支店長、走る』江上剛著 を読了した。

主人公は、まさかの突如の支店長を拝命。

それは、同期で人事権を一手に握る専務からの

指名だった。

 彼は孫子の兵法を必要な時に、引用して

実行する。見てくれはただのおやじだが、

心に一本のゆらがない柱を秘めた男。

 文庫本P289~291に、太平洋戦争と

元寇の話が出てくる。要は、元は何も戦い

に敗れて逃げたのではなく、あくまで、

「このまま戦い続ければ、日本の大部隊の

餌食になってしまうだけ。撤退するに限る。

攻める機会があれば、態勢を立て直して再度

攻めればよい」と「三十六計、逃げるに如かず」

という兵法にしたがったまでのこと」

これは孫子の兵法「遠き形には、勢い均しければ

以って戦いを挑み難く、戦えば而ち不利なり」

の教えを実践しただけだという。

 それを、日本は神の国で、神風が2度とも吹いた、

と勘違いした。「日本とアメリカとでは生産能力など

戦争遂行力に圧倒的な差があった。そのことは事前に

はっきりと分かっていた。しかし、日本はそれを

精神力で補えると信じ込んだ」

 なにかの本で、アメリカの国力を実際に現地で

見知った海軍は、先手攻撃はするが、その後に

相手と早期に収束決着するしかない、と考えて

いたのではないか、というか、それしか日本は

勝てない、と考えていたらしい。先に殴っておいて

仲直りみたいな。