読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳家Spenserの語る英語や人やものとの出会いがしらの

                                       日常の人やものとの遭遇を綴る。英語・PC・リサイクルショップめぐりが生きがい!

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

埋蔵金発掘、、、

埋蔵金発掘課長』

 今、この本を読み始めている。タイトルから、てっきり、

 予算の中に埋もれている余剰金を探し出すのか?と

 思ってったら違った。

 著者の室積光山口県出身で、そのまま主人公も山口県

 に戻ってきた地元民で、山口弁で話は進む。

 彼の作品はすべてそうなのだが、登場人物の会話そのものが

 とんとんとんと快適なリズムでことがどんどん進行してゆく。

 しかし、軽妙さに笑わされながら、一本芯の通った本筋が

 しっかり、メッセージとして伝わってくるのがいい。

   まだ、読み始めたところだが、既に、展開が楽しみで

 とめられない。既に読み終えた、次の2部作も、本当に

 こんな内閣が出現してくれないか、と思わせられる。

 中に登場する北朝鮮のヘッドの親戚というのが、現実ばなれ

 はしているが、もしかしたら、という期待感もぬぐえない。

 『史上最強の内閣』『史上最強の大臣』