夙川にある日英翻訳サービス

日英翻訳・英語レッスン、通訳。PC再生品も販売。

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

日暮れになるとからだが冷える

清水谷 由氏の手になる「牛」という作品を読んだ。

氏の故郷である小豆島の、少年時代のシーンが

次々と明らかになる。

氏の過ごした島の すぐそこにある自然と

ショウワルな子どもらの暮らしが活写されていた。

表題の問題に対する答えがこれだ。

焼けた墓石に抱きつく。

シューッと音がしてあったかい。

 初盆の家では袴で迎えに行き、亡くなった

方に帰ろうと話しかけ、背負って家に連れ帰る。

夕方には夜念仏と呼ぶ、村の講の人たちが

村中を回って念仏をあげ、路上や橋や池や墓地

でも念仏をとなえ、明け方までそうする、という。

 神様はバリにいる、という映画でバリ島では

道の上にも小さな入れ物にいれた燈明が置かれて

それを拝むシーンがあった。

もっと知りたい方は、下記本が予約できる。

 

『小豆島の民族聞取り集』2500円(送料別)

予約先:川井和朗 0879ー62-2077

ただいま予約受付中、とある。