翻訳家Spenserの語る英語や人やものとの出会いがしらの

                                       日常の人やものとの遭遇を綴る。英語・PC・リサイクルショップめぐりが生きがい!

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

何故(フィンランド語でミクシー)とKJ法で発想力がつく

f:id:OfficePeanuts:20160623142006j:plain

うちのゴンは好奇心の塊だ。

野良歴2年以上の母親ゆき と違い、生後まもなく、家の中

モードとなった彼は恐れを知らない。

Curiosity killed the cat. もなんのそのだ。

 読書感想文が苦手なお子様に一つ、秘訣を進呈しよう。

 1)表紙を眺めて、話はどのように進展して、最後は

どうなるのか?を考えて、それを書き留める。

 2)中身を読みながら、おもしろい、と思った箇所だけを

別々に、A5の半分くらいの紙に書き写す。

 3)最後は、1)で想像した通りだったか、あるいは、

違っていれば、その違いを、やはり2)の紙に書く。

 4)1)~3)までの紙をすべて読み返す。

 5)読みながら、浮かんできた自分の意見を、紙に書いて

対象となった紙と同じところに置く。

 6)トランプゲームのように、関連するものをそれぞれの

島に集める。

 7)それぞれの島を章として、タイトルを紙に書いて置く。

 8)章を順に並べる。

 9)順に章となった紙を見ながら、感想文にまとめる。

 この方法は、実はフィンランドメソッドと呼ばれている

勉強法+京大式カードを使ったKJ法(川喜多二郎提唱)

から思いついたものだ。

 さらに、もう一つ。なにも頭に浮かばないで困った時の

必殺技がある。これはミクシー(フィンランド語で

「何故?」)。

例えば、紙のど真ん中に「母親」と書いて丸で囲む。

母親から頭に浮かぶことを、そこから傍線を引いた先に

書き〇で囲む。同じことを繰り返す。

「きらい」・「好き」・「美しい」・「太い」など。

今度は傍線の先に書かれた言葉から浮かぶ言葉を、そこから

傍線を引いた先に書く。

例えば、「よく叱る」・「おこずかいをくれる」・「特に目」

3段とか4段になった時点で、最も気になる〇のところを

4つほど選ぶ。

それらに基づいて、文を展開する。

 事務所で中学生4人限定でやっているe-LaboのThinking Time

にこれらを紹介して、実体験してもらって、自分で使える

ようにできればと思っている。

 私はこのおかげで、小論文も卒論もすべて難なくこなせて、

良い評価をゲットできた。アメリカでも通用したので、

自信をもって伝授するつもりだ。