読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳家Spenserの語る英語や人やものとの出会いがしらの

                                       日常の人やものとの遭遇を綴る。英語・PC・リサイクルショップめぐりが生きがい!

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

「一路」下巻 不覚にも落涙 つかまつり

「・・・これを、つかわす」

かんざしを抜いて、姫様は若侍に手向けた。

もし妻があるならその人の髪に、あるいは

ゆくゆく妻となる人の髪に、飾ってほしい

と願ったのであった。

 

「扇を・・・」

乙姫様は余塵のわかかmら中山道

お立ちあそばされ、打掛けの袂を

握るや右手を高々と掲げられて、

金色の扇をお振りになった。

「アッパレェー、アッパレー」