読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳家Spenserの語る英語や人やものとの出会いがしらの

                                       日常の人やものとの遭遇を綴る。英語・PC・リサイクルショップめぐりが生きがい!

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

猫弁シリーズ作家のもう一つの猫小説を

今、読み終えた。

大山淳子著『猫は抱くもの』

人間の名前そのままもらった猫が登場。

ねこすて橋の下。不思議な長老猫。

三毛猫。クロネコ

それに人間の出会いと別れがからんで、

クライマックスへと向かう。

最後の最後で、言葉を言わなくなった

子供が「るのーわる」と言った。

 最近、わが家のゴンが、だんだん近づいて

きて撫でさせてくれるようになってきた。

部屋の外でニャーっと、僕を呼ぶ。

 猫の側からこのように人間を見るこの小説

を読み終えた今、ほんのりとした余韻を

味わっている。ゴンを抱いてやれる日が

くるのを思いながら。