夙川にある日英翻訳サービス

日英翻訳・英語レッスン、通訳。PC再生品も販売。

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

「猫弁シリーズ 珍しく」

大山淳子著 猫弁小説シリーズ1巻目

から再読始めた。

猫弁 とは 事務所に行き掛かり上

11匹もの猫を飼っている弁護士の

物語。一巻目「天才百瀬とやっかいな

依頼人たち」講談社だ。

東大法科主席卒ながら、大手事務所で

初めて担当した猫屋敷事件を見事過ぎる

ほど見事に解決したのが仇となり、

儲からん仕事をすると、うまく追い出さ

れる。彼は母に7歳の時に母親に孤児院

に置いて行かれる。事務員たちや依頼人

たちに愛され、お見合い30連敗の男。

ドラマも確か2作か公開され、名優

吉岡なんとか(北の国からで有名に)

が主演した。

『百瀬は以前からサビ猫を「神の手抜き」

と呼んでいる。形はほかの日本猫と大差

はないが、色と柄はめちゃくちゃで、

ぐちゃぐちゃで、方向性が無く、制作意図

がつかめない。神は(中略)気まぐれに

デザインしたのだろう。(中略)百瀬は

拾った猫を抱えて立ち上がり、歩き始めた。

てにひらの上のそれは、わたぼこりのように

おとなしい。』

実はわが家の母猫の一人息子のゴンが

たぶんこのサビ猫にあたるようだ。