翻訳家Spenserの語る英語や人やものとの出会いがしらの

                                       日常の人やものとの遭遇を綴る。英語・PC・リサイクルショップめぐりが生きがい!

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

「さくらさくら というお店の」

f:id:OfficePeanuts:20160425103520j:plain

出勤途中で寄る喫茶店のPCを診断した。

1台目は、i3 メモリー3GB  HDD 250GB

Win7Pro 32bit。

Baycommがプロバイダーなのに、

ウィルス対策ソフトがフリーのAvast

だった。最強のカスペルスキー

5台までインストールできるのに。

案の定ご存じなかった。私の場合も

そうだったが、ユーザーに通知してない

みたいだ。

案の定、契約当時に来た、メルアドなど

の資料は行方不明。すぐに再発行してもらって

下さい、と言い残す。

届き次第、やってあげます、「有料ですが」と

しっかり営業してきた。コーヒー代で、と言われ

それは別、と釘をさす。

PS. もう1台のは、Celeron M  Windows Vista.

HDDがもう残り"220MB"でいつ止まっても

おかしくない状態だった。

HDDを容量の大きいのに替えれば解決できるが、

なんせ、CPUがMという古すぎるものなので、

お金をかけるのは無駄とアドバイスした。

もちろん、Linuxでよければ、まだまだ使えますが。