読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳家Spenserの語る英語や人やものとの出会いがしらの

                                       日常の人やものとの遭遇を綴る。英語・PC・リサイクルショップめぐりが生きがい!

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

「名刺を渡したくて」 "I just wanted to hand in my card."

f:id:OfficePeanuts:20160424161904j:plain

東京の一流商社勤務となったA君が

今日のテニス教室に来た。

コーチに僕の名刺を渡したくて来ました。

滋賀での社員研修キャンプを終えた、

わが社は座学ではなく、屋外で実践

研修だという。

高校生になった弟を連れて、しばらく

球を打ちあっていた。弟もすごい

球を打つようになっていて

見事なラリーを見せてくれた。

もういつでも、海外のどこにでも

行く覚悟だと言った。

Mr A came to my tennis school.

He was employed by one of the top

"Shosha", a trading company.

He goes, "I just wanted to personally hand

my namecard to you, sir."

He was participating a training camp

in Shiga Pref.  His company prefer

field working to learning by sitting

at a desk.

His senior high brother came with him

and their rallying was something to watch

because both were hitting back and forth

hitting a ball so well and hard that made

a big sound.

He told me that he was ready to take off

to any place the company would tell him

to.