読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと賢くなれる英語&パソ&日々の人やモノとの出会い物語どっさり

                                       日常の人やものとの遭遇を綴る。英語・PC・リサイクルショップめぐりが生きがい!

英語とPCを追いかけて半世紀。日英翻訳&通訳をしています。

FM放送に応募してみる

『夙川通信- 走れ亀号』 Run, KameGo, Run.

nishinomiya.keizai.biz

珍しく?躊躇しましたが、

結局、今、応募申請しました。

たぶん、まず、NGかな、と弱気の虫が

うずいてます。

でも、ま、なにごとも、行動したのだから

よしとしよう。

年齢制限もなし、と門戸を開いてくれているのだし。

ま、歩いてゆける距離もあることだし。

メインスポンサーに、そこの息子さんも社長さんも僕の息子と

懇意にしてるし。

ダメもとだし。

人気パーソナリティさんの2人を知ってるし。

何人か若くない人もおられるようだし。

 もう、何を話そうか、なんて、ぐあーっと、浮かび上がってきて、

垂れてきそうなのですが、、、

某ラジオ局の募集を見て

『夙川通信- 走れ亀号』 Run, KameGo, Run.

応募してみよかな?

なんて、好奇心だけで考えてみた。

市民なら誰でも応募できる、とあるしな。

まさか、採用されるなんて思えないし。

 万が一採用されたとして、1人で

喋れるほどのネタもない。

むしろ、果てしなく、今、書いているみたく

打ち込むのなら得意だ。

 ま、やめとこう。e-Laboの新中1クラスに、

新高1クラスへの対応の方がもっと大事やし。

本採用の朗報が

『夙川通信- 走れ亀号』 Run, KameGo, Run.

半泣きじゃなかったかな、その電話がかかってきた時。

 面談で採用が決まったと。

 しかも、正社員としてだ。

 やはり、相手の目は節穴ではない。

 本人のもてる潜在力を見破ったのだろう。

 小さな子供を抱えた状況での

 それは小さな出来事だろうが、

 本人にとっては、うれしくない、はずがない

 快挙だと言える。

 触ると切れるような存在にはなるな。

 立派な成果をあげたとしても、

 それは決して、自分だけが偉いのじゃない。

 君の知らないところで、沢山の人たち、

 君より学歴が低いかもしれない、

 君より陽の当たらない

 地味な部署のスタッフかもしれない、

 そういった人たちが君の陰で

 文句ひとつも言わずに

 君のミスをカバーしてくれている

 ということを忘れてはいけない。

 自分だけの力でやった、と

 思いあがってはいけないよ。

 それと、前の会社や上司の批判は

 絶対にやめような。

 しかし、とにかく、おめでとう!

こんなカムバックもあるんだ

奨励会の26歳4段という 年齢制限ルールに敗れて

退会した男が、アマチュアに戻って、プロに勝率7割で

勝ちまくり、遂に、奨励会棋士の投票の結果、

6戦中3勝すれば、プロの将棋指しになれる道に

挑み、初戦には敗れるも、3勝して、見事、返り咲いた

実話である。

 こんな奇跡みたいな、でも、古き悪ルールを、批判することなく、

回りに望まれて、第1号の挑戦者となり、見事、復活した。

相手は、自分より上の段位を持つ棋士に対しての結果なのにも、

驚いた。

 

誠意は国境を越えて

PCはまだ、あなたほどまだポンコツじゃなかったりして

ASUS Zenbook UX31E

液晶表示が真っ白になり、中国の供給元で検査結果が来た。

なんと、液晶本体には異常がなく、ガラス部品が割れていた。

 思いがけず、細かな質問に即答してくれる良心的な相手に

恵まれたこともあり、有償修理となるが、支払いを約束した。

 すると、振込をまたずに、修理開始するとまで言ってくれた。

 ありがたい。こちらの気持ちを汲んでくれたようだ。

 ところどころ、日本語のテニオハがおかしいが、きちんと

メールのやりとりをしてくれた。うーん、コミュニケーション

って大事だな、と痛感した。

 Zenbook回復したら、またアップしようっと。

凍てつく夜の街を

『夙川通信- 走れ亀号』 Run, KameGo, Run.

f:id:OfficePeanuts:20161207160551j:plain

亀号が駆けてゆく

人、一人いない

黒光りのカーペットの上を

歌をまき散らしながら

たった一人の聴衆となり

一本の飛行機雲を描きながら

分厚い冬の冷気の壁を

無数の音符が突き抜ける

つかのまのそれを

ささやかな贅沢と呼んでは

いけないのだろうか?

訳本が届いた

『夙川通信- 走れ亀号』 Run, KameGo, Run.

f:id:OfficePeanuts:20161207154627j:plain

サウンドオブミュージックの原作の訳本が届いた。

                    原本      訳本

オーストリア時代(ミュージカル映画化) 109ページ  281ページ

アメリカ時代              137ページ  455ページ

と、訳本は圧倒的に、アメリカ時代のが分厚い。写真やイラストなどが多い

せいでもある。

昨晩、オーストリア時代の方を一気に読んだ。

年表で知ったのが、

1949 自伝をマリア・フォン・トラップさんが、英語で出版

1956 ドイツ映画「菩提樹」(オーストリア時代)

1958 ドイツ映画「続菩提樹」(アメリカ時代)

     これら映画はDVDで今でも日本語字幕入りで買える。

1959 ミュージカルがブロードウェイで上演開始

1965 映画「サウンドオブミュージック」

とある。

 期待した通り、訳本には何枚かの、トラップファミリーの写真が

掲載されていた。

 マリアさんのアルト入りのCD "The Original TRAPP FAMILY SINGERS"

BGM 1938-1941録音 も出ていることも知った。

 今、写真の原本、1977年7月23日、アタック中のGF(今の妻)

の実家に向かう途中で読了した本の裏表紙がちぎれている、のに、気が付いた。

何か僕に告げているようだった。